万葉集309番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集309番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集309番について

歌番号

309番

原文

石室戸尓|立在松樹|汝乎見者|昔人乎|相見如之

訓読

石室戸に立てる松の木汝を見れば昔の人を相見るごとし

かな読み

いはやとに|たてるまつのき|なをみれば|むかしのひとを|あひみるごとし

カタカナ読み

イハヤトニ|タテルマツノキ|ナヲミレバ|ムカシノヒトヲ|アヒミルゴトシ

ローマ字読み|大文字

IHAYATONI|TATERUMATSUNOKI|NAOMIREBA|MUKASHINOHITO|AHIMIRUGOTOSHI

ローマ字読み|小文字

ihayatoni|taterumatsunoki|naomireba|mukashinohito|ahimirugotoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

いはやとに[寛],
たてるまつのき,[寛]
なをみれば,[寛]なをみれは,
むかしのひとを[寛],
あひみるごとし,[寛]あひみることし,

巻数

第3巻

作者

博通法師

タイトルとURLをコピーしました