万葉集457番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集457番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集457番について

歌番号

457番

原文

遠長|将仕物常|念有之|君師不座者|心神毛奈思

訓読

遠長く仕へむものと思へりし君しまさねば心どもなし

かな読み

とほながく|つかへむものと|おもへりし|きみしまさねば|こころどもなし

カタカナ読み

トホナガク|ツカヘムモノト|オモヘリシ|キミシマサネバ|ココロドモナシ

ローマ字読み|大文字

TOHONAGAKU|TSUKAHEMUMONOTO|OMOHERISHI|KIMISHIMASANEBA|KOKORODOMONASHI

ローマ字読み|小文字

tohonagaku|tsukahemumonoto|omoherishi|kimishimasaneba|kokorodomonashi

左注|左註

右五首資人<余>明軍不勝犬馬之慕心中感緒作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|大伴旅人|奈良|地名|天平3年7月年紀

校異

君師【類】【古】【紀】君

寛永版本

とほながく,[寛]とほなかく,
つかへむものと[寛],
おもへりし[寛],
きみしまさねば,[寛]きみしまさねは,
こころどもなし,[寛]たましひもなし,

巻数

第3巻

作者

余明軍

タイトルとURLをコピーしました