万葉集393番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集393番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集393番について

歌番号

393番

原文

不所見十方|孰不戀有米|山之末尓|射狭夜歴月乎|外見而思香

訓読

見えずとも誰れ恋ひざらめ山の端にいさよふ月を外に見てしか

かな読み

みえずとも|たれこひざらめ|やまのはに|いさよふつきを|よそにみてしか

カタカナ読み

ミエズトモ|タレコヒザラメ|ヤマノハニ|イサヨフツキヲ|ヨソニミテシカ

ローマ字読み|大文字

MIEZUTOMO|TAREKOHIZARAME|YAMANOHANI|ISAYOFUTSUKIO|YOSONIMITESHIKA

ローマ字読み|小文字

miezutomo|tarekohizarame|yamanohani|isayofutsukio|yosonimiteshika

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

みえずとも,[寛]みえすとも,
たれこひざらめ,[寛]たれこひさらめ,
やまのはに[寛],
いさよふつきを[寛],
よそにみてしか[寛],

巻数

第3巻

作者

沙弥満誓

タイトルとURLをコピーしました