万葉集440番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集440番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集440番について

歌番号

440番

原文

在<京>|荒有家尓|一宿者|益旅而|可辛苦

訓読

都なる荒れたる家にひとり寝ば旅にまさりて苦しかるべし

かな読み

みやこなる|あれたるいへに|ひとりねば|たびにまさりて|くるしかるべし

カタカナ読み

ミヤコナル|アレタルイヘニ|ヒトリネバ|タビニマサリテ|クルシカルベシ

ローマ字読み|大文字

MIYAKONARU|ARETARUIHENI|HITORINEBA|TABINIMASARITE|KURUSHIKARUBESHI

ローマ字読み|小文字

miyakonaru|aretaruiheni|hitorineba|tabinimasarite|kurushikarubeshi

左注|左註

右二首臨近向京之時作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|神龜5年年紀

校異

京師->京【類】【紀】

寛永版本

みやこなる[寛],
あれたるいへに[寛],
ひとりねば,[寛]ひとりねは,
たびにまさりて,[寛]たひにまさりて,
くるしかるべし,[寛]くるしかるへし,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました