万葉集412番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集412番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集412番について

歌番号

412番

原文

伊奈太吉尓|伎須賣流玉者|無二|此方彼方毛|君之随意

訓読

いなだきにきすめる玉は二つなしかにもかくにも君がまにまに

かな読み

いなだきに|きすめるたまは|ふたつなし|かにもかくにも|きみがまにまに

カタカナ読み

イナダキニ|キスメルタマハ|フタツナシ|カニモカクニモ|キミガマニマニ

ローマ字読み|大文字

INADAKINI|KISUMERUTAMAHA|FUTATSUNASHI|KANIMOKAKUNIMO|KIMIGAMANIMANI

ローマ字読み|小文字

inadakini|kisumerutamaha|futatsunashi|kanimokakunimo|kimigamanimani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|難解

校異

歌【西】謌

寛永版本

いなだきに,[寛]いなたきに,
きすめるたまは[寛],
ふたつなし[寛],
かにもかくにも,[寛]こなたかなたも,
きみがまにまに,[寛]きみかまにまに,

巻数

第3巻

作者

市原王

タイトルとURLをコピーしました