万葉集399番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集399番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集399番について

歌番号

399番

原文

妹家尓|開有花之|梅花|實之成名者|左右将為

訓読

妹が家に咲きたる花の梅の花実にしなりなばかもかくもせむ

かな読み

いもがいへに|さきたるはなの|うめのはな|みにしなりなば|かもかくもせむ

カタカナ読み

イモガイヘニ|サキタルハナノ|ウメノハナ|ミニシナリナバ|カモカクモセム

ローマ字読み|大文字

IMOGAIHENI|SAKITARUHANANO|UMENOHANA|MINISHINARINABA|KAMOKAKUMOSEMU

ローマ字読み|小文字

imogaiheni|sakitaruhanano|umenohana|minishinarinaba|kamokakumosemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|真楯|恋愛|植物

校異

特に無し

寛永版本

いもがいへに,[寛]いもかいへに,
さきたるはなの[寛],
うめのはな[寛],
みにしなりなば,[寛]みにしなりなは,
かもかくもせむ[寛],

巻数

第3巻

作者

藤原八束

タイトルとURLをコピーしました