万葉集82番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集82番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集82番について

歌番号

82番

原文

浦佐夫流|情佐麻<祢>之|久堅乃|天之四具礼能|流相見者

訓読

うらさぶる心さまねしひさかたの天のしぐれの流らふ見れば

かな読み

うらさぶる|こころさまねし|ひさかたの|あめのしぐれの|ながらふみれば

カタカナ読み

ウラサブル|ココロサマネシ|ヒサカタノ|アメノシグレノ|ナガラフミレバ

ローマ字読み|大文字

URASABURU|KOKOROSAMANESHI|HISAKATANO|AMENOSHIGURENO|NAGARAFUMIREBA

ローマ字読み|小文字

urasaburu|kokorosamaneshi|hisakatano|amenoshigureno|nagarafumireba

左注|左註

右二首今案不似御井所<作>|若疑當時誦之古歌歟

事項|分類・ジャンル

雑歌|和銅5年4月年紀|伊勢|三重|御井|古歌|転用|和銅|枕詞

校異

弥->祢【代匠記精撰本】

寛永版本

うらさぶる,[寛]うらさふる,
こころさまねし,[寛]こころさまみし,
ひさかたの[寛],
あめのしぐれの,[寛]あまのしくれの,
ながらふみれば,[寛]なかれあふみは,

巻数

第1巻

作者

長田王

タイトルとURLをコピーしました