万葉集26番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集26番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集26番について

歌番号

26番

原文

三芳野之|耳我山尓|時自久曽|雪者落等言|無間曽|雨者落等言|其雪|不時如|其雨|無間如|隈毛不堕|思乍叙来|其山道乎

訓読

み吉野の|耳我の山に|時じくぞ|雪は降るといふ|間なくぞ|雨は降るといふ|その雪の|時じきがごと|その雨の|間なきがごと|隈もおちず|思ひつつぞ来る|その山道を

かな読み

みよしのの|みみがのやまに|ときじくぞ|ゆきはふるといふ|まなくぞ|あめはふるといふ|そのゆきの|ときじきがごと|そのあめの|まなきがごと|くまもおちず|おもひつつぞくる|そのやまみちを

カタカナ読み

ミヨシノノ|ミミガノヤマニ|トキジクゾ|ユキハフルトイフ|マナクゾ|アメハフルトイフ|ソノユキノ|トキジキガゴト|ソノアメノ|マナキガゴト|クマモオチズ|オモヒツツゾクル|ソノヤマミチヲ

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|MIMIGANOYAMANI|TOKIJIKUZO|YUKIHAFURUTOIFU|MANAKUZO|AMEHAFURUTOIFU|SONOYUKINO|TOKIJIKIGAGOTO|SONOAMENO|MANAKIGAGOTO|KUMAMOCHIZU|OMOHITSUTSUZOKURU|SONOYAMAMICHIO

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|mimiganoyamani|tokijikuzo|yukihafurutoifu|manakuzo|amehafurutoifu|sonoyukino|tokijikigagoto|sonoameno|manakigagoto|kumamochizu|omohitsutsuzokuru|sonoyamamichio

左注|左註

右句々相換因此重載焉

事項|分類・ジャンル

雑歌|異伝|吉野|民謡|地名

校異

特に無し

寛永版本

みよしのの[寛],
みみがのやまに,[寛]みかねに,
ときじくぞ,[寛]ときしくそ,
ゆきはふるといふ[寛],
まなくぞ,[寛]ひまなくそ,
あめはふるといふ[寛],
そのゆきの[寛],
ときじきがごと,[寛]ときならぬこと,
そのあめの[寛],
まなきがごと,[寛]ひまなきかこと,
くまもおちず,[寛]くまもおちす,
おもひつつぞくる,[寛]おもひつつそくる,
そのやまみちを[寛],

巻数

第1巻

作者

大海人|天武

タイトルとURLをコピーしました