万葉集46番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集46番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集46番について

歌番号

46番

原文

阿騎乃<野>尓|宿旅人|打靡|寐毛宿良<目>八方|古部念尓

訓読

安騎の野に宿る旅人うち靡き寐も寝らめやもいにしへ思ふに

かな読み

あきののに|やどるたびひと|うちなびき|いもぬらめやも|いにしへおもふに

カタカナ読み

アキノノニ|ヤドルタビヒト|ウチナビキ|イモヌラメヤモ|イニシヘオモフニ

ローマ字読み|大文字

AKINONONI|YADORUTABIHITO|UCHINABIKI|IMONURAMEYAMO|INISHIHEOMOFUNI

ローマ字読み|小文字

akinononi|yadorutabihito|uchinabiki|imonurameyamo|inishiheomofuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|軽皇子|阿騎野|遊猟|狩猟|皇子讃歌|草壁皇子|追悼|大嘗祭|祭式|宇陀|地名

校異

->野【紀】|自->目【類】【紀】

寛永版本

あきののに[寛],
やどるたびひと,[寛]やとるたひひと,
うちなびき,[寛]うちなひき,
いもぬらめやも,[寛]いもねらしやも,
いにしへおもふに,[寛]いにしおもふに,

巻数

第1巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました