万葉集59番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集59番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集59番について

歌番号

59番

原文

流經|妻吹風之|寒夜尓|吾勢能君者|獨香宿良<武>

訓読

流らふる妻吹く風の寒き夜に我が背の君はひとりか寝らむ

かな読み

ながらふる|つまふくかぜの|さむきよに|わがせのきみは|ひとりかぬらむ

カタカナ読み

ナガラフル|ツマフクカゼノ|サムキヨニ|ワガセノキミハ|ヒトリカヌラム

ローマ字読み|大文字

NAGARAFURU|TSUMAFUKUKAZENO|SAMUKIYONI|WAGASENOKIMIHA|HITORIKANURAMU

ローマ字読み|小文字

nagarafuru|tsumafukukazeno|samukiyoni|wagasenokimiha|hitorikanuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|妻歌

校異

哉->武【西(訂正左書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

ながらふる,[寛]なからふる,
つまふくかぜの,[寛]つまふくかせの,
さむきよに[寛],
わがせのきみは,[寛]わかせのきみは,
ひとりかぬらむ[寛],

巻数

第1巻

作者

誉謝女王

タイトルとURLをコピーしました