万葉集48番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集48番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集48番について

歌番号

48番

原文

東|野炎|立所見而|反見為者|月西渡

訓読

東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ

かな読み

ひむがしの|のにかぎろひの|たつみえて|かへりみすれば|つきかたぶきぬ

カタカナ読み

ヒムガシノ|ノニカギロヒノ|タツミエテ|カヘリミスレバ|ツキカタブキヌ

ローマ字読み|大文字

HIMUGASHINO|NONIKAGIROHINO|TATSUMIETE|KAHERIMISUREBA|TSUKIKATABUKINU

ローマ字読み|小文字

himugashino|nonikagirohino|tatsumiete|kaherimisureba|tsukikatabukinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|軽皇子|阿騎野|遊猟|狩猟|皇子讃歌|草壁皇子|追悼|大嘗祭|祭式|宇陀|地名

校異

特に無し

寛永版本

ひむがしの,[寛]あずま
のにかぎろひの,[寛]ののけぶりの
たつみえて,[寛]たてるところみて,
かへりみすれば,[寛]かへりみすれは,
つきかたぶきぬ,[寛]つきかたふきぬ,

巻数

第1巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました