万葉集35番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集35番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集35番について

歌番号

35番

原文

此也是能|倭尓四手者|我戀流|木路尓有云|名二負勢能山

訓読

これやこの大和にしては我が恋ふる紀路にありといふ名に負ふ背の山

かな読み

これやこの|やまとにしては|あがこふる|きぢにありといふ|なにおふせのやま

カタカナ読み

コレヤコノ|ヤマトニシテハ|アガコフル|キヂニアリトイフ|ナニオフセノヤマ

ローマ字読み|大文字

KOREYAKONO|YAMATONISHITEHA|AGAKOFURU|KIJINIARITOIFU|NANIOFUSENOYAMA

ローマ字読み|小文字

koreyakono|yamatonishiteha|agakofuru|kijiniaritoifu|naniofusenoyama

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|妹背|行幸|和歌山|紀州|地名|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

これやこの[寛],
やまとにしては[寛],
あがこふる,[寛]わかこふる,
きぢにありといふ,[寛]きちにありといふ,
なにおふせのやま[寛],

巻数

第1巻

作者

阿閇皇女

タイトルとURLをコピーしました