万葉集64番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集64番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集64番について

歌番号

64番

原文

葦邊行|鴨之羽我比尓|霜零而|寒暮夕|<倭>之所念

訓読

葦辺行く鴨の羽交ひに霜降りて寒き夕は大和し思ほゆ

かな読み

あしへゆく|かものはがひに|しもふりて|さむきゆふへは|やまとしおもほゆ

カタカナ読み

アシヘユク|カモノハガヒニ|シモフリテ|サムキユフヘハ|ヤマトシオモホユ

ローマ字読み|大文字

ASHIHEYUKU|KAMONOHAGAHINI|SHIMOFURITE|SAMUKIYUFUHEHA|YAMATOSHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

ashiheyuku|kamonohagahini|shimofurite|samukiyufuheha|yamatoshiomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|慶雲3年年紀|難波|行幸|従駕|大阪|望郷|文武|羈旅|動物|植物|地名

校異

和->倭【元】【冷】【紀】

寛永版本

あしへゆく[寛],
かものはがひに,[寛]かものはかひに,
しもふりて[寛],
さむきゆふへは[寛],
やまとしおもほゆ,[寛]やまとしそおもふ,

巻数

第1巻

作者

志貴皇子

タイトルとURLをコピーしました