万葉集16番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集16番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集16番について

歌番号

16番

原文

冬木成|春去来者|不喧有之|鳥毛来鳴奴|不開有之|花毛佐家礼抒|山乎茂|入而毛不取|草深|執手母不見|秋山乃|木葉乎見而者|黄葉乎婆|取而曽思努布|青乎者|置而曽歎久|曽許之恨之|秋山吾者

訓読

冬こもり|春さり来れば|鳴かずありし|鳥も来鳴きぬ|咲かずありし|花も咲けれど|山を茂み|入りても取らず|草深み|取りても見ず|秋山の|木の葉を見ては|黄葉をば|取りてぞ偲ふ|青きをば|置きてぞ嘆く|そこし恨めし|秋山吾は

かな読み

ふゆこもり|はるさりくれば|なかずありし|とりもきなきぬ|さかずありし|はなもさけれど|やまをしみ|いりてもとらず|くさふかみ|とりてもみず|あきやまの|このはをみては|もみちをば|とりてぞしのふ|あをきをば|おきてぞなげく|そこしうらめし|あきやまわれは

カタカナ読み

フユコモリ|ハルサリクレバ|ナカズアリシ|トリモキナキヌ|サカズアリシ|ハナモサケレド|ヤマヲシミ|イリテモトラズ|クサフカミ|トリテモミズ|アキヤマノ|コノハヲミテハ|モミチヲバ|トリテゾシノフ|アヲキヲバ|オキテゾナゲク|ソコシウラメシ|アキヤマワレハ

ローマ字読み|大文字

FUYUKOMORI|HARUSARIKUREBA|NAKAZUARISHI|TORIMOKINAKINU|SAKAZUARISHI|HANAMOSAKEREDO|YAMAOSHIMI|IRITEMOTORAZU|KUSAFUKAMI|TORITEMOMIZU|AKIYAMANO|KONOHAOMITEHA|MOMICHIOBA|TORITEZOSHINOFU|AOKIOBA|OKITEZONAGEKU|SOKOSHIURAMESHI|AKIYAMAWAREHA

ローマ字読み|小文字

fuyukomori|harusarikureba|nakazuarishi|torimokinakinu|sakazuarishi|hanamosakeredo|yamaoshimi|iritemotorazu|kusafukami|toritemomizu|akiyamano|konohaomiteha|momichioba|toritezoshinofu|aokioba|okitezonageku|sokoshiurameshi|akiyamawareha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|近江朝|大津|春秋優劣|植物|枕詞|宮廷

校異

特に無し

寛永版本

ふゆこもり,[寛]ふゆこなり,
はるさりくれば,[寛]はるさりくれは,
なかずありし,[寛]なかさりし,
とりもきなきぬ[寛],
さかずありし,[寛]さかさりし,
はなもさけれど,[寛]はなもさけれと,
やまをしみ,[寛]やまをしけみ,
いりてもとらず,[寛]いりてもとらす,
くさふかみ[寛],
とりてもみず,[寛]とりてもみえす,
あきやまの[寛],
このはをみては[寛],
もみちをば,[寛]もみちをは,
とりてぞしのふ,[寛]とりてそしのふ,
あをきをば,[寛]あをきをは,
おきてぞなげく,[寛]おきてそなけく,
そこしうらめし,[寛]そこしうらみし,
あきやまわれは,[寛]あきやまそわれは,

巻数

第1巻

作者

額田王

タイトルとURLをコピーしました