万葉集36番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集36番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集36番について

歌番号

36番

原文

八隅知之|吾大王之|所聞食|天下尓|國者思毛|澤二雖有|山川之|清河内跡|御心乎|吉野乃國之|花散相|秋津乃野邊尓|宮柱|太敷座波|百礒城乃|大宮人者|船並弖|旦川渡|舟<競>|夕河渡|此川乃|絶事奈久|此山乃|弥高<思良>珠|水激|瀧之宮子波|見礼跡不飽可<問>

訓読

やすみしし|我が大君の|きこしめす|天の下に|国はしも|さはにあれども|山川の|清き河内と|御心を|吉野の国の|花散らふ|秋津の野辺に|宮柱|太敷きませば|ももしきの|大宮人は|舟並めて|朝川渡る|舟競ひ|夕川渡る|この川の|絶ゆることなく|この山の|いや高知らす|水激る|瀧の宮処は|見れど飽かぬかも

かな読み

やすみしし|わがおほきみの|きこしめす|あめのしたに|くにはしも|さはにあれども|やまかはの|きよきかふちと|みこころを|よしののくにの|はなぢらふ|あきづののへに|みやばしら|ふとしきませば|ももしきの|おほみやひとは|ふねなめて|あさかはわたる|ふなぎほひ|ゆふかはわたる|このかはの|たゆることなく|このやまの|いやたかしらす|みづはしる|たきのみやこは|みれどあかぬかも

カタカナ読み

ヤスミシシ|ワガオホキミノ|キコシメス|アメノシタニ|クニハシモ|サハニアレドモ|ヤマカハノ|キヨキカフチト|ミココロヲ|ヨシノノクニノ|ハナヂラフ|アキヅノノヘニ|ミヤバシラ|フトシキマセバ|モモシキノ|オホミヤヒトハ|フネナメテ|アサカハワタル|フナギホヒ|ユフカハワタル|コノカハノ|タユルコトナク|コノヤマノ|イヤタカシラス|ミヅハシル|タキノミヤコハ|ミレドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

YASUMISHISHI|WAGAOHOKIMINO|KIKOSHIMESU|AMENOSHITANI|KUNIHASHIMO|SAHANIAREDOMO|YAMAKAHANO|KIYOKIKAFUCHITO|MIKOKORO|YOSHINONOKUNINO|HANAJIRAFU|AKIZUNONOHENI|MIYABASHIRA|FUTOSHIKIMASEBA|MOMOSHIKINO|OHOMIYAHITOHA|FUNENAMETE|ASAKAHAWATARU|FUNAGIHOHI|YUFUKAHAWATARU|KONOKAHANO|TAYURUKOTONAKU|KONOYAMANO|IYATAKASHIRASU|MIZUHASHIRU|TAKINOMIYAKOHA|MIREDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

yasumishishi|wagaohokimino|kikoshimesu|amenoshitani|kunihashimo|sahaniaredomo|yamakahano|kiyokikafuchito|mikokoro|yoshinonokunino|hanajirafu|akizunonoheni|miyabashira|futoshikimaseba|momoshikino|ohomiyahitoha|funenamete|asakahawataru|funagihohi|yufukahawataru|konokahano|tayurukotonaku|konoyamano|iyatakashirasu|mizuhashiru|takinomiyakoha|miredoakanukamo

左注|左註

右日本紀曰|三年己丑正月天皇幸吉野宮|八月幸吉野宮|四年庚寅二月幸吉野宮|五月幸吉野宮|五年辛卯正月幸吉野宮|四月幸吉野宮者|未詳知何月従駕作歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|離宮|行幸|従駕|宮廷讃美|国見|地名|枕詞

校異

並【古】【紀】并|竟->競【元】【類】【紀】|良思->思良【元】【類】【紀】|聞->問【元】【類】【冷】

寛永版本

やすみしし[寛],
わがおほきみの,[寛]わかおほきみの,
きこしめす[寛],
あめのしたに[寛],
くにはしも[寛],
さはにあれども,[寛]さはにあれとも,
やまかはの[寛],
きよきかふちと,[寛]きよきかうちと,
みこころを[寛],
よしののくにの[寛],
はなぢらふ,[寛]はなちらふ,
あきづののへに,[寛]あきつののへに,
みやばしら,[寛]みやはしら,
ふとしきませば,[寛]ふとしきませは,
ももしきの[寛],
おほみやひとは[寛],
ふねなめて[寛],
あさかはわたる,[寛]あさかはわたり,
ふなぎほひ,[寛]ふなきほひ,
ゆふかはわたる,[寛]ゆふかはわたり,
このかはの[寛],
たゆることな[寛]く,
このやまの[寛],
いやたかしらす,[寛]いやたかからし,
みづはしる,[寛]みつの,
たきのみやこは[寛],
みれどあかぬかも,[寛]みれとあかぬかも,

巻数

第1巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました