万葉集43番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集43番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集43番について

歌番号

43番

原文

吾勢枯波|何所行良武|己津物|隠乃山乎|今日香越等六

訓読

我が背子はいづく行くらむ沖つ藻の名張の山を今日か越ゆらむ

かな読み

わがせこは|いづくゆくらむ|おきつもの|なばりのやまを|けふかこゆらむ

カタカナ読み

ワガセコハ|イヅクユクラム|オキツモノ|ナバリノヤマヲ|ケフカコユラム

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOHA|IZUKUYUKURAMU|OKITSUMONO|NABARINOYAMAO|KEFUKAKOYURAMU

ローマ字読み|小文字

wagasekoha|izukuyukuramu|okitsumono|nabarinoyamao|kefukakoyuramu

左注|左註

右日本紀曰|朱鳥六年壬辰春三月丙寅朔戊辰浄<廣>肆廣瀬王等為留守官|於是中納言三輪朝臣高市麻呂脱其冠位E上於朝重諌曰|農作之前車駕未可以動|辛未天皇不従諌|遂幸伊勢|五月乙丑朔庚午御阿胡行宮

事項|分類・ジャンル

雑歌|留京|留守|伊勢行幸|妻歌|枕詞|地名

校異

特に無し

寛永版本

わがせこは,[寛]わかせこは,
いづくゆくらむ,[寛]いつちゆくらむ,
おきつもの[寛],
なばりのやまを,[寛]かくれのやまを,
けふかこゆらむ[寛],

巻数

第1巻

作者

當麻真人麻呂妻

タイトルとURLをコピーしました