万葉集60番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集60番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集60番について

歌番号

60番

原文

暮相而|朝面無美|隠尓加|氣長妹之|廬利為里計武

訓読

宵に逢ひて朝面無み名張にか日長く妹が廬りせりけむ

かな読み

よひにあひて|あしたおもなみ|なばりにか|けながくいもが|いほりせりけむ

カタカナ読み

ヨヒニアヒテ|アシタオモナミ|ナバリニカ|ケナガクイモガ|イホリセリケム

ローマ字読み|大文字

YOHINIAHITE|ASHITAOMONAMI|NABARINIKA|KENAGAKUIMOGA|IHORISERIKEMU

ローマ字読み|小文字

yohiniahite|ashitaomonami|nabarinika|kenagakuimoga|ihoriserikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|地名|奈良

校異

特に無し

寛永版本

よひにあひて[寛],
あしたおもなみ,[寛]あさかほなしみ,
なばりにか,[寛]かくれにか,
けながくいもが,[寛]けなかきいもか,
いほりせりけむ[寛],

巻数

第1巻

作者

長皇子

タイトルとURLをコピーしました