万葉集25番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集25番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集25番について

歌番号

25番

原文

三吉野之|耳我嶺尓|時無曽|雪者落家留|間無曽|雨者零計類|其雪乃|時無如|其雨乃|間無如|隈毛不落|<念>乍叙来|其山道乎

訓読

み吉野の|耳我の嶺に|時なくぞ|雪は降りける|間無くぞ|雨は降りける|その雪の|時なきがごと|その雨の|間なきがごと|隈もおちず|思ひつつぞ来る|その山道を

かな読み

みよしのの|みみがのみねに|ときなくぞ|ゆきはふりける|まなくぞ|あめはふりける|そのゆきの|ときなきがごと|そのあめの|まなきがごと|くまもおちず|おもひつつぞくる|そのやまみちを

カタカナ読み

ミヨシノノ|ミミガノミネニ|トキナクゾ|ユキハフリケル|マナクゾ|アメハフリケル|ソノユキノ|トキナキガゴト|ソノアメノ|マナキガゴト|クマモオチズ|オモヒツツゾクル|ソノヤマミチヲ

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|MIMIGANOMINENI|TOKINAKUZO|YUKIHAFURIKERU|MANAKUZO|AMEHAFURIKERU|SONOYUKINO|TOKINAKIGAGOTO|SONOAMENO|MANAKIGAGOTO|KUMAMOCHIZU|OMOHITSUTSUZOKURU|SONOYAMAMICHIO

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|mimiganomineni|tokinakuzo|yukihafurikeru|manakuzo|amehafurikeru|sonoyukino|tokinakigagoto|sonoameno|manakigagoto|kumamochizu|omohitsutsuzokuru|sonoyamamichio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|異伝|吉野|民謡|地名

校異

思->念【元】【類】【紀】【古】

寛永版本

みよしのの[寛],
みみがのみねに,[寛]みかのみねに,
ときなくぞ,[寛]ときなくそ,
ゆきはふりける[寛],
まなくぞ,[寛]まなくそ,
あめはふりける,[寛]あめはふりなる,
そのゆきの[寛],
ときなきがごと,[寛]ときなきかこと,
そのあめの[寛],
まなきがごと,[寛]ひまなきかこと,
くまもおちず,[寛]くまもおちす,
おもひつつぞくる,[寛]おもひつつそくる,
そのやまみちを[寛],

巻数

第1巻

作者

大海人|天武

タイトルとURLをコピーしました