万葉集13番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集13番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集13番について

歌番号

13番

原文

高山波|雲根火雄男志等|耳梨與|相諍競伎|神代従|如此尓有良之|古昔母|然尓有許曽|虚蝉毛|嬬乎|相<挌>良思吉

訓読

香具山は|畝傍を愛しと|耳成と|相争ひき|神代より|かくにあるらし|古も|しかにあれこそ|うつせみも|妻を争ふらしき

かな読み

かぐやまは|うねびををしと|みみなしと|あひあらそひき|かむよより|かくにあるらし|いにしへも|しかにあれこそ|うつせみも|つまを|あらそふらしき

カタカナ読み

カグヤマハ|ウネビヲヲシト|ミミナシト|アヒアラソヒキ|カムヨヨリ|カクニアルラシ|イニシヘモ|シカニアレコソ|ウツセミモ|ツマヲ|アラソフラシキ

ローマ字読み|大文字

KAGUYAMAHA|UNEBIOSHITO|MIMINASHITO|AHIARASOHIKI|KAMUYOYORI|KAKUNIARURASHI|INISHIHEMO|SHIKANIAREKOSO|UTSUSEMIMO|TSUMAO|ARASOFURASHIKI

ローマ字読み|小文字

kaguyamaha|unebioshito|miminashito|ahiarasohiki|kamuyoyori|kakuniarurashi|inishihemo|shikaniarekoso|utsusemimo|tsumao|arasofurashiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|三山歌|兵庫|妻争媿|羈旅|地名|伝説

校異

三山歌一首->三山歌【元】【紀】【古】|格->挌【元】【冷】【文】【紀】

寛永版本

かぐやまは,[寛]かくやまは,
うねびををしと,[寛]うねひををしと,
みみなしと[寛],
あひあらそひき[寛],
かむよより,[寛]かみよより,
かくにあるらし,[寛]かかるにあらし,
いにしへも[寛],
しかにあれこそ[寛],
うつせみも[寛],
つまを[寛],
あらそふらしき,[寛]あひうつらしき,

巻数

第1巻

作者

中大兄|天智

タイトルとURLをコピーしました