万葉集15番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集15番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集15番について

歌番号

15番

原文

渡津海乃|豊旗雲尓|伊理比<紗>之|今夜乃月夜|清明己曽

訓読

海神の豊旗雲に入日さし今夜の月夜さやけくありこそ

かな読み

わたつみの|とよはたくもに|いりひさし|こよひのつくよ|さやけくありこそ

カタカナ読み

ワタツミノ|トヨハタクモニ|イリヒサシ|コヨヒノツクヨ|サヤケクアリコソ

ローマ字読み|大文字

WATATSUMINO|TOYOHATAKUMONI|IRIHISASHI|KOYOHINOTSUKUYO|SAYAKEKUARIKOSO

ローマ字読み|小文字

watatsumino|toyohatakumoni|irihisashi|koyohinotsukuyo|sayakekuarikoso

左注|左註

右一首歌今案不似反歌也|但舊本以此歌載於反歌|故今猶載此次|亦紀曰|天豊財重日足姫天皇先四年乙巳立天皇為皇太子

事項|分類・ジャンル

雑歌|三山歌|兵庫|妻争媿|羈旅

校異

祢->紗【澤潟注釈】【元】【類】【冷】弥

寛永版本

わたつみの[寛],
とよはたくもに[寛],
いりひさし[寛],
こよひのつくよ,[寛]こよひのつきよ,
さやけくありこそ,[寛]すみあかくこそ,

巻数

第1巻

作者

中大兄|天智

タイトルとURLをコピーしました