万葉集80番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集80番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集80番について

歌番号

80番

原文

青丹吉|寧樂乃家尓者|万代尓|吾母将通|忘跡念勿

訓読

あをによし奈良の家には万代に我れも通はむ忘ると思ふな

かな読み

あをによし|ならのいへには|よろづよに|われもかよはむ|わするとおもふな

カタカナ読み

アヲニヨシ|ナラノイヘニハ|ヨロヅヨニ|ワレモカヨハム|ワスルトオモフナ

ローマ字読み|大文字

AONIYOSHI|NARANOIHENIHA|YOROZUYONI|WAREMOKAYOHAMU|WASURUTOMOFUNA

ローマ字読み|小文字

aoniyoshi|naranoiheniha|yorozuyoni|waremokayohamu|wasurutomofuna

左注|左註

右歌<作>主未詳

事項|分類・ジャンル

雑歌|遷都|藤原|奈良|枕詞|地名

校異

->作【西(右書)】【冷】【紀】【文】

寛永版本

あをによし[寛],
ならのいへには[寛],
よろづよに,[寛]よろつよに,
われもかよはむ[寛],
わするとおもふな[寛],

巻数

第1巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました