万葉集8番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集8番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集8番について

歌番号

8番

原文

熟田津尓|船乗世武登|月待者|潮毛可奈比沼|今者許藝乞菜

訓読

熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな

かな読み

にぎたつに|ふなのりせむと|つきまてば|しほもかなひぬ|いまはこぎいでな

カタカナ読み

ニギタツニ|フナノリセムト|ツキマテバ|シホモカナヒヌ|イマハコギイデナ

ローマ字読み|大文字

NIGITATSUNI|FUNANORISEMUTO|TSUKIMATEBA|SHIHOMOKANAHINU|IMAHAKOGIIDENA

ローマ字読み|小文字

nigitatsuni|funanorisemuto|tsukimateba|shihomokanahinu|imahakogiidena

左注|左註

右檢山上憶良大夫類聚歌林曰|飛鳥岡本宮御宇天皇元年己丑九年丁<酉>十二月己巳朔壬午天皇大后幸于伊豫湯宮|後岡本宮馭宇天皇七年辛酉春正月丁酉朔<壬>寅御船西征|始就于海路|庚戌御船泊于伊豫熟田津石湯行宮|天皇御覧昔日猶存之物|當時忽起感愛之情|所以因製歌詠為之哀傷也|即此歌者天皇御製焉|但額田王歌者別有四首

事項|分類・ジャンル

雑歌|道後温泉|愛媛|舟遊び|熟田津|代作|地名

校異

即位【元】【冷】【紀】(塙)即|酋->酉【元】【冷】【紀】|丙->壬【西(右書)】【紀】

寛永版本

にぎたつに,[寛]にきたつに,
ふなのりせむと[寛],
つきまてば,[寛]つきまては,
しほもかなひぬ[寛],
いまはこぎいでな,[寛]いまはこきこな,

巻数

第1巻

作者

額田王

タイトルとURLをコピーしました