万葉集66番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集66番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集66番について

歌番号

66番

原文

大伴乃|高師能濱乃|松之根乎|枕宿杼|家之所偲由

訓読

大伴の高師の浜の松が根を枕き寝れど家し偲はゆ

かな読み

おほともの|たかしのはまの|まつがねを|まくらきぬれど|いへししのはゆ

カタカナ読み

オホトモノ|タカシノハマノ|マツガネヲ|マクラキヌレド|イヘシシノハユ

ローマ字読み|大文字

OHOTOMONO|TAKASHINOHAMANO|MATSUGANEO|MAKURAKINUREDO|IHESHISHINOHAYU

ローマ字読み|小文字

ohotomono|takashinohamano|matsuganeo|makurakinuredo|iheshishinohayu

左注|左註

右一首置始東人

事項|分類・ジャンル

雑歌|難波|行幸|従駕|大阪|持統|望郷|羈旅|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

おほともの[寛],
たかしのはまの[寛],
まつがねを,[寛]まつかねを,
まくらきぬれど,[寛]まくらねぬとか,
いへししのはゆ[寛],

巻数

第1巻

作者

置始東人

タイトルとURLをコピーしました