万葉集49番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集49番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集49番について

歌番号

49番

原文

日雙斯|皇子命乃|馬副而|御猟立師斯|時者来向

訓読

日並の皇子の命の馬並めてみ狩り立たしし時は来向ふ

かな読み

ひなみしの|みこのみことの|うまなめて|みかりたたしし|ときはきむかふ

カタカナ読み

ヒナミシノ|ミコノミコトノ|ウマナメテ|ミカリタタシシ|トキハキムカフ

ローマ字読み|大文字

HINAMISHINO|MIKONOMIKOTONO|UMANAMETE|MIKARITATASHISHI|TOKIHAKIMUKAFU

ローマ字読み|小文字

hinamishino|mikonomikotono|umanamete|mikaritatashishi|tokihakimukafu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|軽皇子|阿騎野|遊猟|狩猟|皇子讃歌|草壁皇子|追悼|大嘗祭|祭式|宇陀|地名

校異

特に無し

寛永版本

ひなみしの,[寛]ひなし,
みこのみことの[寛],
うまなめて,[寛]むまになめて,
みかりたたしし,[寛]みかりたちしし,
ときはきむかふ,[寛]ときはこむかふ,

巻数

第1巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました