万葉集18番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集18番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集18番について

歌番号

18番

原文

三輪山乎|然毛隠賀|雲谷裳|情有南畝|可苦佐布倍思哉

訓読

三輪山をしかも隠すか雲だにも心あらなも隠さふべしや

かな読み

みわやまを|しかもかくすか|くもだにも|こころあらなも|かくさふべしや

カタカナ読み

ミワヤマヲ|シカモカクスカ|クモダニモ|ココロアラナモ|カクサフベシヤ

ローマ字読み|大文字

MIWAYAMAO|SHIKAMOKAKUSUKA|KUMODANIMO|KOKOROARANAMO|KAKUSAFUBESHIYA

ローマ字読み|小文字

miwayamao|shikamokakusuka|kumodanimo|kokoroaranamo|kakusafubeshiya

左注|左註

右二首歌山上憶良大夫類聚歌林曰|遷都近江國時|御覧三輪山御歌焉|日本書紀曰|六年丙寅春三月辛酉朔己卯遷都于近江

事項|分類・ジャンル

雑歌|天智|代作|三輪山|鎮魂|国魂|地名

校異

畝【類】武

寛永版本

みわやまを,[寛]みはやまを,
しかもかくすか[寛],
くもだにも,[寛]くもたにも,
こころあらなも,[寛]こころあらなむ,
かくさふべしや,[寛]かくさふへしや,

巻数

第1巻

作者

額田王

タイトルとURLをコピーしました