万葉集12番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集12番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集12番について

歌番号

12番

原文

吾欲之|野嶋波見世追|底深伎|阿胡根能浦乃|珠曽不拾|[或頭云|吾欲|子嶋羽見遠]

訓読

我が欲りし野島は見せつ底深き阿胡根の浦の玉ぞ拾はぬ|[或頭云|我が欲りし子島は見しを]

かな読み

わがほりし|のしまはみせつ|そこふかき|あごねのうらの|たまぞひりはぬ|[わがほりし|こしまはみしを]

カタカナ読み

ワガホリシ|ノシマハミセツ|ソコフカキ|アゴネノウラノ|タマゾヒリハヌ|[ワガホリシ|コシマハミシヲ]

ローマ字読み|大文字

WAGAHORISHI|NOSHIMAHAMISETSU|SOKOFUKAKI|AGONENORANO|TAMAZOHIRIHANU|[WAGAHORISHI|KOSHIMAHAMISHIO]

ローマ字読み|小文字

wagahorishi|noshimahamisetsu|sokofukaki|agonenorano|tamazohirihanu|[wagahorishi|koshimahamishio]

左注|左註

右檢山上憶良大夫類聚歌林曰|天皇御製歌[云々]

事項|分類・ジャンル

雑歌|紀州|和歌山|羈旅|異伝|魂触り

校異

特に無し

寛永版本

わがほりし,[寛]わかほりし,
のしまはみせつ[寛],
そこふかき[寛],
あごねのうらの,[寛]あこねのうらの,
たまぞひりはぬ,[寛]たまそひろはす,
[わがほりし],
[こしまはみしを],[寛]しまはみつるを,

巻数

第1巻

作者

中皇命|間人皇女

タイトルとURLをコピーしました