万葉集20番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集20番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集20番について

歌番号

20番

原文

茜草指|武良前野逝|標野行|野守者不見哉|君之袖布流

訓読

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る

かな読み

あかねさす|むらさきのゆき|しめのゆき|のもりはみずや|きみがそでふる

カタカナ読み

アカネサス|ムラサキノユキ|シメノユキ|ノモリハミズヤ|キミガソデフル

ローマ字読み|大文字

AKANESASU|MURASAKINOYUKI|SHIMENOYUKI|NOMORIHAMIZUYA|KIMIGASODEFURU

ローマ字読み|小文字

akanesasu|murasakinoyuki|shimenoyuki|nomorihamizuya|kimigasodefuru

左注|左註

紀曰|天皇七年丁卯夏五月五日縦猟於蒲生野|于時<大>皇弟諸王内臣及群臣|皆悉従焉

事項|分類・ジャンル

雑歌|滋賀|野遊び|求婚|宴席|枕詞|植物

校異

特に無し

寛永版本

あかねさす[寛],
むらさきのゆき[寛],
しめのゆき[寛],
のもりはみずや,[寛]のもりはみすや,
きみがそでふる,[寛]きみかそてふる,

巻数

第1巻

作者

額田王

タイトルとURLをコピーしました