万葉集21番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集21番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集21番について

歌番号

21番

原文

紫草能|尓保敝類妹乎|尓苦久有者|人嬬故尓|吾戀目八方

訓読

紫のにほへる妹を憎くあらば人妻故に我れ恋ひめやも

かな読み

むらさきの|にほへるいもを|にくくあらば|ひとづまゆゑに|われこひめやも

カタカナ読み

ムラサキノ|ニホヘルイモヲ|ニククアラバ|ヒトヅマユヱニ|ワレコヒメヤモ

ローマ字読み|大文字

MURASAKINO|NIHOHERUIMO|NIKUKUARABA|HITOZUMAYUENI|WAREKOHIMEYAMO

ローマ字読み|小文字

murasakino|nihoheruimo|nikukuaraba|hitozumayueni|warekohimeyamo

左注|左註

紀曰|天皇七年丁卯夏五月五日縦猟於蒲生野|于時<大>皇弟諸王内臣及群臣|皆悉従焉

事項|分類・ジャンル

雑歌|天武|滋賀|野遊び|求婚|宴席|枕詞

校異

天->大【元】【冷】【紀】|皆悉【元】【冷】悉皆

寛永版本

むらさきの,[寛]あきはきの,
にほへるいもを[寛],
にくくあらば,[寛]にくくあらは,
ひとづまゆゑに,[寛]ひとつまゆゑに,
われこひめやも,[寛]わかこひめやも,

巻数

第1巻

作者

大海人

タイトルとURLをコピーしました