万葉集22番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集22番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集22番について

歌番号

22番

原文

河上乃|湯津盤村二|草武左受|常丹毛冀名|常處女煮手

訓読

川の上のゆつ岩群に草生さず常にもがもな常処女にて

かな読み

かはのへの|ゆついはむらに|くさむさず|つねにもがもな|とこをとめにて

カタカナ読み

カハノヘノ|ユツイハムラニ|クサムサズ|ツネニモガモナ|トコヲトメニテ

ローマ字読み|大文字

KAHANOHENO|YUTSUIHAMURANI|KUSAMUSAZU|TSUNENIMOGAMONA|TOKOTOMENITE

ローマ字読み|小文字

kahanoheno|yutsuihamurani|kusamusazu|tsunenimogamona|tokotomenite

左注|左註

吹芡刀自未詳也|但紀曰|天皇四年乙亥春二月乙亥朔丁亥十市皇女阿閇皇女参赴於伊勢神宮

事項|分類・ジャンル

雑歌|十市皇女|阿閇皇女|三重|予祝

校異

盤【文】【温】磐

寛永版本

かはのへの,[寛]かはかみの,
ゆついはむらに,[寛]ゆつはのむらに,
くさむさず,[寛]くさむさす,
つねにもがもな,[寛]つねにもかもな,
とこをとめにて[寛],

巻数

第1巻

作者

吹芡刀自

タイトルとURLをコピーしました