万葉集63番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集63番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集63番について

歌番号

63番

原文

去来子等|早日本邊|大伴乃|御津乃濱松|待戀奴良武

訓読

いざ子ども早く日本へ大伴の御津の浜松待ち恋ひぬらむ

かな読み

いざこども|はやくやまとへ|おほともの|みつのはままつ|まちこひぬらむ

カタカナ読み

イザコドモ|ハヤクヤマトヘ|オホトモノ|ミツノハママツ|マチコヒヌラム

ローマ字読み|大文字

IZAKODOMO|HAYAKUYAMATOHE|OHOTOMONO|MITSUNOHAMAMATSU|MACHIKOHINURAMU

ローマ字読み|小文字

izakodomo|hayakuyamatohe|ohotomono|mitsunohamamatsu|machikohinuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|唐|望郷|地名

校異

特に無し

寛永版本

いざこども,[寛]いさことも,
はやくやまとへ,[寛]はやひのもとへ,
おほともの[寛],
みつのはままつ[寛],
まちこひぬらむ[寛],

巻数

第1巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました