万葉集19番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集19番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集19番について

歌番号

19番

原文

綜麻形乃|林始乃|狭野榛能|衣尓著成|目尓都久和我勢

訓読

綜麻形の林のさきのさ野榛の衣に付くなす目につく吾が背

かな読み

へそかたの|はやしのさきの|さのはりの|きぬにつくなす|めにつくわがせ

カタカナ読み

ヘソカタノ|ハヤシノサキノ|サノハリノ|キヌニツクナス|メニツクワガセ

ローマ字読み|大文字

HESOKATANO|HAYASHINOSAKINO|SANOHARINO|KINUNITSUKUNASU|MENITSUKUWAGASE

ローマ字読み|小文字

hesokatano|hayashinosakino|sanoharino|kinunitsukunasu|menitsukuwagase

左注|左註

右一首歌今案不似和歌|但舊本載于此次|故以猶載焉

事項|分類・ジャンル

雑歌|三輪山|和歌|古歌|植物|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

へそかたの,[寛]そまかたの,
はやしのさきの,[寛]はやしはしめの,
さのはりの,[寛]さのはきの,
きぬにつくなす,[寛]ころもにきなし,
めにつくわがせ,[寛]めにつくわかせ,

巻数

第1巻

作者

井戸王

タイトルとURLをコピーしました