献呈歌

万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1773番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1773番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1773番について歌番号1773番原文神南備|神依尓|為杉乃|念母不過|戀之茂尓訓読神なびの神寄せ板にする杉の思ひも過ぎず恋の繁きにかな読みかむなびの|かみよ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1774番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1774番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1774番について歌番号1774番原文垂乳根乃|母之命乃|言尓有者|年緒長|憑過武也訓読たらちねの母の命の言にあらば年の緒長く頼め過ぎむやかな読みたらちねの|...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1775番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1775番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1775番について歌番号1775番原文泊瀬河|夕渡来而|我妹兒何|家門|近舂二家里訓読泊瀬川夕渡り来て我妹子が家の金門に近づきにけりかな読みはつせがは|ゆふわ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1701番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1701番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1701番について歌番号1701番原文佐宵中等|夜者深去良斯|鴈音|所聞空|月渡見訓読さ夜中と夜は更けぬらし雁が音の聞こゆる空ゆ月渡る見ゆかな読みさよなかと|...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1702番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1702番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1702番について歌番号1702番原文妹當|茂苅音|夕霧|来鳴而過去|及乏訓読妹があたり繁き雁が音夕霧に来鳴きて過ぎぬすべなきまでにかな読みいもがあたり|しげ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1703番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1703番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1703番について歌番号1703番原文雲隠|鴈鳴時|秋山|黄葉片待|時者雖過訓読雲隠り雁鳴く時は秋山の黄葉片待つ時は過ぐれどかな読みくもがくり|かりなくときは...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1704番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1704番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1704番について歌番号1704番原文捄手折|多武山霧|茂鴨|細川瀬|波驟祁留訓読ふさ手折り多武の山霧繁みかも細川の瀬に波の騒けるかな読みふさたをり|たむのや...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1705番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1705番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1705番について歌番号1705番原文冬木成|春部戀而|殖木|實成時|片待吾等叙訓読冬こもり春へを恋ひて植ゑし木の実になる時を片待つ我れぞかな読みふゆこもり|...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1709番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1709番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1709番について歌番号1709番原文御食向|南淵山之|巌者|落波太列可|削遺有訓読御食向ふ南淵山の巌には降りしはだれか消え残りたるかな読みみけむかふ|みなぶ...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1682番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1682番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1682番について歌番号1682番原文常之尓|夏冬徃哉|裘|扇不放|山住人訓読とこしへに夏冬行けや裘扇放たぬ山に住む人かな読みとこしへに|なつふゆゆけや|かは...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1683番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1683番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1683番について歌番号1683番原文妹手|取而引与治|捄手折|吾刺可|花開鴨訓読妹が手を取りて引き攀ぢふさ手折り我がかざすべく花咲けるかもかな読みいもがてを...
万葉集|第9巻の和歌一覧

万葉集1684番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1684番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1684番について歌番号1684番原文春山者|散過去鞆|三和山者|未含|君持勝尓訓読春山は散り過ぎぬとも三輪山はいまだふふめり君待ちかてにかな読みはるやまは|...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集261番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集261番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集261番について歌番号261番原文八隅知之|吾大王|高輝|日之皇子|茂座|大殿於|久方|天傳来|雪仕物|徃来乍|益及常世訓読やすみしし|我が大君|高照らす|日の...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集262番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集262番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集262番について歌番号262番原文矢釣山|木立不見|落乱|雪驪|朝樂毛訓読矢釣山木立も見えず降りまがふ雪に騒ける朝楽しもかな読みやつりやま|こだちもみえず|ふり...
タイトルとURLをコピーしました