哀惜

スポンサーリンク
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集2215番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2215番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集2215番について歌番号2215番原文左夜深而|四具礼勿零|秋芽子之|本葉之黄葉|落巻惜裳訓読さ夜更けてしぐれな降りそ秋萩の本葉の黄葉散らまく惜しもかな読みさ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1871番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1871番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1871番について歌番号1871番原文春去者|散巻惜|梅花|片時者不咲|含而毛欲得訓読春されば散らまく惜しき梅の花しましは咲かずふふみてもがもかな読みはるされ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1870番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1870番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1870番について歌番号1870番原文春雨者|甚勿零|櫻花|未見尓|散巻惜裳訓読春雨はいたくな降りそ桜花いまだ見なくに散らまく惜しもかな読みはるさめは|いたく...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1866番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1866番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1866番について歌番号1866番原文春雉鳴|高圓邊丹|櫻花|散流歴|見人毛我訓読雉鳴く高円の辺に桜花散りて流らふ見む人もがもかな読みきぎしなく|たかまとのへ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1867番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1867番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1867番について歌番号1867番原文阿保山之|佐宿木花者|今日毛鴨|散乱|見人無二訓読阿保山の桜の花は今日もかも散り乱ふらむ見る人なしにかな読みあほやまの|...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1044番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1044番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1044番について歌番号1044番原文紅尓|深染西|情可母|寧樂乃京師尓|年之歴去倍吉訓読紅に深く染みにし心かも奈良の都に年の経ぬべきかな読みくれなゐに|ふか...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1045番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1045番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1045番について歌番号1045番原文世間乎|常無物跡|今曽知|平城京師之|移徙見者訓読世間を常なきものと今ぞ知る奈良の都のうつろふ見ればかな読みよのなかを|...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1046番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1046番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1046番について歌番号1046番原文石綱乃|又變若反|青丹吉|奈良乃都乎|又将見鴨訓読岩綱のまた変若ちかへりあをによし奈良の都をまたも見むかもかな読みいはつ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1047番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1047番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1047番について歌番号1047番原文八隅知之|吾大王乃|高敷為|日本國者|皇祖乃|神之御代自|敷座流|國尓之有者|阿礼将座|御子之嗣継|天下|所知座跡|八百...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1048番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1048番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1048番について歌番号1048番原文立易|古京跡|成者|道之志婆草|長生尓異訓読たち変り古き都となりぬれば道の芝草長く生ひにけりかな読みたちかはり|ふるきみ...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1049番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1049番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1049番について歌番号1049番原文名付西|奈良乃京之|荒行者|出立毎尓|嘆思益訓読なつきにし奈良の都の荒れゆけば出で立つごとに嘆きし増さるかな読みなつきに...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1004番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1004番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1004番について歌番号1004番原文不所念|来座君乎|保乃|河蝦不令聞|還都流香聞訓読思ほえず来ましし君を佐保川のかはづ聞かせず帰しつるかもかな読みおもほえ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集257番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集257番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集257番について歌番号257番原文天降付|天之芳来山|霞立|春尓至婆|松風尓|池浪立而|櫻花|木乃晩茂尓|奥邊波|鴨妻喚|邊津方尓|味村左和伎|百礒城之|大宮人...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集258番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集258番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集258番について歌番号258番原文人不榜|有雲知之|潜為|鴦与高部共|船上住訓読人漕がずあらくもしるし潜きする鴛鴦とたかべと船の上に棲むかな読みひとこがず|あら...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集259番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集259番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集259番について歌番号259番原文何時間毛|神左備祁留鹿|香山之|椙之本尓|薜生左右二訓読いつの間も神さびけるか香具山の桙杉の本に苔生すまでにかな読みいつのまも...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集260番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集260番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集260番について歌番号260番原文天降就|神乃香山|打靡|春去来者|櫻花|木暗茂|松風丹|池浪飆|邊都遍者|阿遅村動|奥邊者|鴨妻喚|百式乃|大宮人乃|去出|榜...
タイトルとURLをコピーしました