万葉集4317番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4317番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4317番について

歌番号

4317番

原文

秋野尓波|伊麻己曽由可米|母能乃布能|乎等古乎美奈能|波奈尓保比見尓

訓読

秋野には今こそ行かめもののふの男女の花にほひ見に

かな読み

あきのには|いまこそゆかめ|もののふの|をとこをみなの|はなにほひみに

カタカナ読み

アキノニハ|イマコソユカメ|モノノフノ|ヲトコヲミナノ|ハナニホヒミニ

ローマ字読み|大文字

AKINONIHA|IMAKOSOYUKAME|MONONOFUNO|OTOKOMINANO|HANANIHOHIMINI

ローマ字読み|小文字

akinoniha|imakosoyukame|mononofuno|otokominano|hananihohimini

左注|左註

右歌六首兵部少輔大伴宿祢家持獨憶秋野聊述拙懐作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年年紀|高円|宮廷|奈良|独詠

校異

特に無し

寛永版本

あきのには[寛],
いまこそゆかめ[寛],
もののふの[寛],
をとこをみなの[寛],
はなにほひみに[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました