万葉集4322番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4322番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4322番について

歌番号

4322番

原文

和我都麻波|伊多久古<非>良之|乃牟美豆尓|加其佐倍美曳弖|余尓和須良礼受

訓読

我が妻はいたく恋ひらし飲む水に影さへ見えてよに忘られず

かな読み

わがつまは|いたくこひらし|のむみづに|かごさへみえて|よにわすられず

カタカナ読み

ワガツマハ|イタクコヒラシ|ノムミヅニ|カゴサヘミエテ|ヨニワスラレズ

ローマ字読み|大文字

WAGATSUMAHA|ITAKUKOHIRASHI|NOMUMIZUNI|KAGOSAHEMIETE|YONIWASURAREZU

ローマ字読み|小文字

wagatsumaha|itakukohirashi|nomumizuni|kagosahemiete|yoniwasurarezu

左注|左註

右一首主帳丁麁玉郡若倭部身麻呂||二月六日防人部領使遠江國史生坂本朝臣人上進歌數十八首|但有拙劣歌十一首不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月6日年紀|防人歌|静岡|坂本人上|恋情

校異

比->非【元】

寛永版本

わがつまは,[寛]わかつまは,
いたくこひらし[寛],
のむみづに,[寛]のむみつに,
かごさへみえて,[寛]かこさへみえて,
よにわすられず,[寛]よにわすられす,

巻数

第20巻

作者

若倭部身麻呂

タイトルとURLをコピーしました