万葉集4276番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4276番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4276番について

歌番号

4276番

原文

嶋山尓|照在橘|宇受尓左之|仕奉者|卿大夫等

訓読

島山に照れる橘うずに刺し仕へまつるは卿大夫たち

かな読み

しまやまに|てれるたちばな|うずにさし|つかへまつるは|まへつきみたち

カタカナ読み

シマヤマニ|テレルタチバナ|ウズニサシ|ツカヘマツルハ|マヘツキミタチ

ローマ字読み|大文字

SHIMAYAMANI|TERERUTACHIBANA|UZUNISASHI|TSUKAHEMATSURUHA|MAHETSUKIMITACHI

ローマ字読み|小文字

shimayamani|tererutachibana|uzunisashi|tsukahematsuruha|mahetsukimitachi

左注|左註

右一首右大辨藤原八束朝臣

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年11月25日年紀|肆宴|宴席|応詔|大君讃美|寿歌|新嘗祭|植物

校異

特に無し

寛永版本

しまやまに[寛],
てれるたちばな,[寛]てれるたちはな,
うずにさし,[寛]うすにさし,
つかへまつるは[寛],
まへつきみたち,[寛]まうちきみたち,

巻数

第19巻

作者

藤原八束

タイトルとURLをコピーしました