万葉集4040番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4040番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4040番について

歌番号

4040番

原文

布勢能宇良乎|由<吉>底之見弖婆|毛母之綺能|於保美夜比等尓|可多利都藝底牟

訓読

布勢の浦を行きてし見てばももしきの大宮人に語り継ぎてむ

かな読み

ふせのうらを|ゆきてしみてば|ももしきの|おほみやひとに|かたりつぎてむ

カタカナ読み

フセノウラヲ|ユキテシミテバ|モモシキノ|オホミヤヒトニ|カタリツギテム

ローマ字読み|大文字

FUSENORAO|YUKITESHIMITEBA|MOMOSHIKINO|OHOMIYAHITONI|KATARITSUGITEMU

ローマ字読み|小文字

fusenorao|yukiteshimiteba|momoshikino|ohomiyahitoni|kataritsugitemu

左注|左註

右五首田邊史福麻呂|前件十首歌者廿四日宴作之|

事項|分類・ジャンル

天平20年3月24日|地名|土地讃美|枕詞|富山|氷見|宴席年紀

校異

伎->吉【元】【類】

寛永版本

ふせのうらを[寛],
ゆきてしみてば,[寛]ゆきてしみては,
ももしきの[寛],
おほみやひとに[寛],
かたりつぎてむ,[寛]かたりつきてむ,

巻数

第18巻

作者

田辺福麻呂

タイトルとURLをコピーしました