万葉集4042番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4042番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4042番について

歌番号

4042番

原文

敷治奈美能|佐伎由久見礼婆|保等登<藝>須|奈久倍<吉>登伎尓|知可豆伎尓家里

訓読

藤波の咲き行く見れば霍公鳥鳴くべき時に近づきにけり

かな読み

ふぢなみの|さきゆくみれば|ほととぎす|なくべきときに|ちかづきにけり

カタカナ読み

フヂナミノ|サキユクミレバ|ホトトギス|ナクベキトキニ|チカヅキニケリ

ローマ字読み|大文字

FUJINAMINO|SAKIYUKUMIREBA|HOTOTOGISU|NAKUBEKITOKINI|CHIKAZUKINIKERI

ローマ字読み|小文字

fujinamino|sakiyukumireba|hototogisu|nakubekitokini|chikazukinikeri

左注|左註

右五首田邊史福麻呂||前件十首歌者廿四日宴作之|

事項|分類・ジャンル

天平20年3月24日年紀|植物|動物|宴席|季節

校異

伎->藝【元】【類】【紀】【細】|伎->吉【元】【類】

寛永版本

ふぢなみの,[寛]ふちなみの,
さきゆくみれば,[寛]さきゆくみれは,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
なくべきときに,[寛]なくへきときに,
ちかづきにけり,[寛]ちかつきにけり,

巻数

第18巻

作者

田辺福麻呂

タイトルとURLをコピーしました