万葉集4071番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4071番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4071番について

歌番号

4071番

原文

之奈射可流|故之能吉美良等|可久之許曽|楊奈疑可豆良枳|多努之久安蘇婆米

訓読

しなざかる越の君らとかくしこそ柳かづらき楽しく遊ばめ

かな読み

しなざかる|こしのきみらと|かくしこそ|やなぎかづらき|たのしくあそばめ

カタカナ読み

シナザカル|コシノキミラト|カクシコソ|ヤナギカヅラキ|タノシクアソバメ

ローマ字読み|大文字

SHINAZAKARU|KOSHINOKIMIRATO|KAKUSHIKOSO|YANAGIKAZURAKI|TANOSHIKUASOBAME

ローマ字読み|小文字

shinazakaru|koshinokimirato|kakushikoso|yanagikazuraki|tanoshikuasobame

左注|左註

右郡司已下子弟已上諸人多集此會|因守大伴宿祢家持作此歌也

事項|分類・ジャンル

天平21年3月年紀|枕詞|植物|宴席|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

しなざかる,[寛]しなさかる,
こしのきみらと,[寛]こしのきみのと,
かくしこそ[寛],
やなぎかづらき,[寛]やなきかつらき,
たのしくあそばめ,[寛]たのしくあそはめ,

巻数

第18巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました