万葉集3874番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3874番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3874番について

歌番号

3874番

原文

所射鹿乎|認河邊之|和草|身若可倍尓|佐宿之兒等波母

訓読

射ゆ鹿を認ぐ川辺のにこ草の身の若かへにさ寝し子らはも

かな読み

いゆししを|つなぐかはへの|にこぐさの|みのわかかへに|さねしこらはも

カタカナ読み

イユシシヲ|ツナグカハヘノ|ニコグサノ|ミノワカカヘニ|サネシコラハモ

ローマ字読み|大文字

IYUSHISHIO|TSUNAGUKAHAHENO|NIKOGUSANO|MINOWAKAKAHENI|SANESHIKORAHAMO

ローマ字読み|小文字

iyushishio|tsunagukahaheno|nikogusano|minowakakaheni|saneshikorahamo

左注|左註

右歌一首

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋愛|回想|歌謡|動物|序詞

校異

特に無し

寛永版本

いゆししを,[寛]いるしかを,
つなぐかはへの,[寛]とむるかはへの,
にこぐさの,[寛]にこくさの,
みのわかかへに,[寛]みわかきかへに,
さねしこらはも[寛],

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました