万葉集3872番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3872番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3872番について

歌番号

3872番

原文

吾門之|榎實毛利喫|百千鳥|々々者雖来|君曽不来座

訓読

我が門の榎の実もり食む百千鳥千鳥は来れど君ぞ来まさぬ

かな読み

わがかどの|えのみもりはむ|ももちとり|ちとりはくれど|きみぞきまさぬ

カタカナ読み

ワガカドノ|エノミモリハム|モモチトリ|チトリハクレド|キミゾキマサヌ

ローマ字読み|大文字

WAGAKADONO|ENOMIMORIHAMU|MOMOCHITORI|CHITORIHAKUREDO|KIMIZOKIMASANU

ローマ字読み|小文字

wagakadono|enomimorihamu|momochitori|chitorihakuredo|kimizokimasanu

左注|左註

右歌二首

事項|分類・ジャンル

雑歌|植物|動物|女歌|怨恨|恋情|民謡|歌謡

校異

特に無し

寛永版本

わがかどの,[寛]わかかとの,
えのみもりはむ[寛],
ももちとり[寛],
ちとりはくれど,[寛]ちとりはくれと,
きみぞきまさぬ,[寛]きみそきまさす,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました