万葉集3877番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3877番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3877番について

歌番号

3877番

原文

紅尓|染而之衣|雨零而|尓保比波雖為|移波米也毛

訓読

紅に染めてし衣雨降りてにほひはすともうつろはめやも

かな読み

くれなゐに|そめてしころも|あめふりて|にほひはすとも|うつろはめやも

カタカナ読み

クレナヰニ|ソメテシコロモ|アメフリテ|ニホヒハストモ|ウツロハメヤモ

ローマ字読み|大文字

KURENAINI|SOMETESHIKOROMO|AMEFURITE|NIHOHIHASUTOMO|UTSUROHAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

kurenaini|someteshikoromo|amefurite|nihohihasutomo|utsurohameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大分|民謡|恋愛|歌謡

校異

特に無し

寛永版本

くれなゐに[寛],
そめてしころも[寛],
あめふりて[寛],
にほひはすとも[寛],
うつろはめやも[寛],

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました