万葉集3799番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3799番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3799番について

歌番号

3799番

原文

豈藻不在|自身之柄|人子之|事藻不盡|我藻将依|[六]

訓読

あにもあらじおのが身のから人の子の言も尽さじ我れも寄りなむ|[六]

かな読み

あにもあらじ|おのがみのから|ひとのこの|こともつくさじ|われもよりなむ

カタカナ読み

アニモアラジ|オノガミノカラ|ヒトノコノ|コトモツクサジ|ワレモヨリナム

ローマ字読み|大文字

ANIMOARAJI|ONOGAMINOKARA|HITONOKONO|KOTOMOTSUKUSAJI|WAREMOYORINAMU

ローマ字読み|小文字

animoaraji|onogaminokara|hitonokono|kotomotsukusaji|waremoyorinamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|女歌|歌物語|物語|竹取翁|神仙

校異

特に無し

寛永版本

あにもあらじ,[寛]あにもあらす,
おのがみのから,[寛]おのかみからを,
ひとのこの[寛],
こともつくさじ,[寛]こともつくさし,
われもよりなむ[寛],

巻数

第16巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました