万葉集3813番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3813番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3813番について

歌番号

3813番

原文

吾命者|惜雲不有|散<追>良布|君尓依而曽|長欲為

訓読

我が命は惜しくもあらずさ丹つらふ君によりてぞ長く欲りせし

かな読み

わがいのちは|をしくもあらず|さにつらふ|きみによりてぞ|ながくほりせし

カタカナ読み

ワガイノチハ|ヲシクモアラズ|サニツラフ|キミニヨリテゾ|ナガクホリセシ

ローマ字読み|大文字

WAGAINOCHIHA|OSHIKUMOARAZU|SANITSURAFU|KIMINIYORITEZO|NAGAKUHORISESHI

ローマ字読み|小文字

wagainochiha|oshikumoarazu|sanitsurafu|kiminiyoritezo|nagakuhoriseshi

左注|左註

右傳云|時有娘子|姓車持氏也|其夫久逕年序不作徃来|于時娘子係戀傷心|沈臥痾エ|痩羸日異忽臨泉路|於是遣使喚其夫君来|而乃歔欷流渧口号斯歌|登時逝歿也

事項|分類・ジャンル

雑歌|歌物語|女歌|枕詞|恋情|伝承

校異

退->追【尼】【類】【古】【紀】

寛永版本

わがいのちは,[寛]わかいのちは,
をしくもあらず,[寛]をしくもあらす,
さにつらふ[寛],
きみによりてぞ,[寛]きみによりてそ,
ながくほりせし,[寛]なかくほりせし,

巻数

第16巻

作者

車持娘子

タイトルとURLをコピーしました