万葉集3855番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3855番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3855番について

歌番号

3855番

原文

コ莢尓|延於保登礼流|屎葛|絶事無|宮将為

訓読

さう莢に延ひおほとれる屎葛絶ゆることなく宮仕へせむ

かな読み

さうけふに|はひおほとれる|くそかづら|たゆることなく|みやつかへせむ

カタカナ読み

サウケフニ|ハヒオホトレル|クソカヅラ|タユルコトナク|ミヤツカヘセム

ローマ字読み|大文字

SAUKEFUNI|HAHIOHOTORERU|KUSOKAZURA|TAYURUKOTONAKU|MIYATSUKAHESEMU

ローマ字読み|小文字

saukefuni|hahiohotoreru|kusokazura|tayurukotonaku|miyatsukahesemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|物名|宴席|即興|植物

校異

特に無し

寛永版本

さうけふに,[寛]ふちのきに,
はひおほとれる[寛],
くそかづら,[寛]くそかつら,
たゆることなく[寛],
みやつかへせむ[寛],

巻数

第16巻

作者

高宮王

タイトルとURLをコピーしました