万葉集3778番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3778番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3778番について

歌番号

3778番

原文

之路多<倍>乃|阿我許呂毛弖乎|登里母知弖|伊波敝和我勢古|多太尓安布末R尓

訓読

白栲の我が衣手を取り持ちて斎へ我が背子直に逢ふまでに

かな読み

しろたへの|あがころもでを|とりもちて|いはへわがせこ|ただにあふまでに

カタカナ読み

シロタヘノ|アガコロモデヲ|トリモチテ|イハヘワガセコ|タダニアフマデニ

ローマ字読み|大文字

SHIROTAHENO|AGAKOROMODEO|TORIMOCHITE|IHAHEWAGASEKO|TADANIAFUMADENI

ローマ字読み|小文字

shirotaheno|agakoromodeo|torimochite|ihahewagaseko|tadaniafumadeni

左注|左註

右二首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|枕詞|恋情|期待|女歌|中臣宅守

校異

信->倍【西(訂正)】【類】【紀】【細】

寛永版本

しろたへの[寛],
あがころもでを,[寛]あかころもてを,
とりもちて[寛],
いはへわがせこ,[寛]いはへわかせこ,
ただにあふまでに,[寛]たたにあふまてに,

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました