万葉集3725番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3725番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3725番について

歌番号

3725番

原文

和我世故之|氣太之麻可良<婆>|思漏多倍乃|蘇R乎布良左祢|見都追志努波牟

訓読

我が背子しけだし罷らば白栲の袖を振らさね見つつ偲はむ

かな読み

わがせこし|けだしまからば|しろたへの|そでをふらさね|みつつしのはむ

カタカナ読み

ワガセコシ|ケダシマカラバ|シロタヘノ|ソデヲフラサネ|ミツツシノハム

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOSHI|KEDASHIMAKARABA|SHIROTAHENO|SODEOFURASANE|MITSUTSUSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

wagasekoshi|kedashimakaraba|shirotaheno|sodeofurasane|mitsutsushinohamu

左注|左註

右四首娘子臨別作歌

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|悲別|恋情|女歌|中臣宅守

校異

波->婆【類】【紀】【細】

寛永版本

わがせこし,[寛]わかせこか,
けだしまからば,[寛]けたしまからは,
しろたへの[寛],
そでをふらさね,[寛]そてをふらさね,
みつつしのはむ[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました