万葉集3624番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3624番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3624番について

歌番号

3624番

原文

和礼乃未夜|欲布祢波許具登|於毛敝礼婆|於伎敝能可多尓|可治能於等須奈里

訓読

我れのみや夜船は漕ぐと思へれば沖辺の方に楫の音すなり

かな読み

われのみや|よふねはこぐと|おもへれば|おきへのかたに|かぢのおとすなり

カタカナ読み

ワレノミヤ|ヨフネハコグト|オモヘレバ|オキヘノカタニ|カヂノオトスナリ

ローマ字読み|大文字

WARENOMIYA|YOFUNEHAKOGUTO|OMOHEREBA|OKIHENOKATANI|KAJINOTOSUNARI

ローマ字読み|小文字

warenomiya|yofunehakoguto|omohereba|okihenokatani|kajinotosunari

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|広島|倉橋島|出発|羈旅|船出|叙景

校異

特に無し

寛永版本

われのみや[寛],
よふねはこぐと,[寛]よふねはこくと,
おもへれば,[寛]おもへれは,
おきへのかたに[寛],
かぢのおとすなり,[寛]かちのおとすなり,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました