万葉集3690番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3690番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3690番について

歌番号

3690番

原文

与能奈可波|都祢可久能未等|和可礼奴流|君尓也毛登奈|安我孤悲由加牟

訓読

世間は常かくのみと別れぬる君にやもとな我が恋ひ行かむ

かな読み

よのなかは|つねかくのみと|わかれぬる|きみにやもとな|あがこひゆかむ

カタカナ読み

ヨノナカハ|ツネカクノミト|ワカレヌル|キミニヤモトナ|アガコヒユカム

ローマ字読み|大文字

YONONAKAHA|TSUNEKAKUNOMITO|WAKARENURU|KIMINIYAMOTONA|AGAKOHIYUKAMU

ローマ字読み|小文字

yononakaha|tsunekakunomito|wakarenuru|kiminiyamotona|agakohiyukamu

左注|左註

右三首挽歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|挽歌|羈旅|壱岐|雪宅麻呂|恋情|長崎

校異

特に無し

寛永版本

よのなかは[寛],
つねかくのみと[寛],
わかれぬる[寛],
きみにやもとな[寛],
あがこひゆかむ,[寛]あかこひゆかむ,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました