万葉集3723番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3723番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3723番について

歌番号

3723番

原文

安之比奇能|夜麻治古延牟等|須流君乎|許々呂尓毛知弖|夜須家久母奈之

訓読

あしひきの山道越えむとする君を心に持ちて安けくもなし

かな読み

あしひきの|やまぢこえむと|するきみを|こころにもちて|やすけくもなし

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマヂコエムト|スルキミヲ|ココロニモチテ|ヤスケクモナシ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAJIKOEMUTO|SURUKIMIO|KOKORONIMOCHITE|YASUKEKUMONASHI

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamajikoemuto|surukimio|kokoronimochite|yasukekumonashi

左注|左註

右四首娘子臨別作歌

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|枕詞|悲別|恋情|女歌|中臣宅守

校異

弟【細】茅

寛永版本

あしひきの[寛],
やまぢこえむと,[寛]やまちこえむと,
するきみを[寛],
こころにもちて[寛],
やすけくもなし[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました